2011年05月13日

大胆さと繊細さと妖精

おはようございます。
こんにちは。

せんとくんです。

ご機嫌いかがでしょうか?

P5125567.jpg
石積みもだんだんとカタチになってきた様子です。

豪快にハンマーで石をたたき割っている職人さんの姿があったと思ったら・・・

P5125637.jpg
ミリ単位の微調整や

P5125606.jpg
ものすごく細かい仕上げがあったり。

P5125641.jpg
土を均すことにも魂を込めています。

P5135694.jpg
それはもう、妖精まちがいなしですね。

P5125650.jpg
さて、壁の裏側?には扉が付いています。

P5135672.jpg
職人さんの悩む声が聞こえてきます。

P5135701.jpg
こんな感じになりました。
作品の至る所に繊細な試行錯誤が込められています。

P5135696.jpg
池も下準備が整いつつあります。

P5135699.jpg
宮殿もカタチが見えてきました。


余談ですが、せんとくんの手も魂をたくさん込めたためにサイのようになってまいりました。
P5125646.jpg


P5125588.jpg
妖精さん来てくれるかなぁ・・・

チャレンジスタッフ(制作スタッフ)も明日から増員して、現場も盛り上がってまいります。
ガッツバンバンで行って参ります!!!


それでは、長くなってしまいましたが本日はこの辺で失礼させていただきます。

SeeYou♪


願城建工
冨樫潤
posted by KUBIKI at 15:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。